ハゼラン 秋の道ばたでピンクの小さな花を咲かせています。帰化植物(きかしょくぶつ)です。

この記事は約3分で読めます。

学名がくめいTalinum crassifolium 漢字名かんじめい:爆蘭 別名べつめい:ハナビソウ(花火草) サンジソウ(三時草)英語名えいごめい:coral flower 分類ぶんるい/科名かめい:ハゼラン科(スベリヒユ科)ハゼラン属
おおきさ:30~70cm よくかける場所ばしょみちばた にわ よくかけるつき:6~10月
花言葉はなことば真心まごころ

なつからあきにかけて昼間ひるまにすーとのびたほそくきにピンクいろのかわいいちいさなはなかせています。

花は夕方ゆうがたにはじてまるいつぼみになってしまいます。あつめでつるつるしています。
みなみアメリカ原産げんさん一年草いちねんそう(花が咲くと、その年内ねんないにかれる草)です。
日本にほんには明治時代めいじじだいにやってきたそうです。
ハゼランの名前は写真のように丸いつぼみから花が線香花火せんこうはなびのようにぜる(はじける)ように咲くところから、なづけられたというせつとハゼランの小さな実が、秋になると「爆ぜ」てまわりにこぼれちるところから、なづけられたという説があります。

ほかにも花が昼の2~3時間じかんほどしかひらかないので三時草さんじそうともばれています。ハゼランの英語名えいごめいは「coral flowerコーラル フラワー」。コーラルとはサンゴのことで、の色から名づけられたようです。

てんてん
てんてん

はじめは、かわいい花をたのしむために庭などで育てられていましたが、こぼれたタネからどんどんふえるので道ばたや野山にひろがっっていったようです。

帰化植物きかしょくぶつ
もともと日本にいなかった植物しょくぶつが外国からちこまれ、野生やせいで育つようになった植物です。ヒメジョオンやオオイヌノフグリも、最近さいきんになって持ちこまれた植物です。場所にもよりますが、生えている種数しゅるいのうち半分以上はんぶんいじょうが帰化植物ということもあります。
おもな帰化植物の表がありました。

しつもん いけん かんそう