いいね! (4 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

ヒマラヤユキノシタ やっと名前がわかりました。

この記事は約2分で読めます。

学名:Bergenia stracheyi 漢字名: 別名:ベルゲニア オオイワウチワ ウインターベゴニア 英語名: 分類/科名:ユキノシタ科ベルゲニア(ヒマラヤユキノシタ)属
草丈: 20~40cm よく見かける場所: 石垣 庭 よく見かける時期: 2~5月
花言葉:深い愛情 情愛 秘めた感情 順応する 忍耐
庭の石垣の間やブロック塀のすきまに丸く肉厚の葉を広げピンクの花を咲かせています。ヒマラヤ地方原産の常緑多年草です。
日本にやってきたのは、明治時代だそうです。主に、園芸種として栽培されています。園芸種の販売時期は、10月頃のようです。
寒さに強く冬の庭に彩りを添えてくれます。半陰地に適応でき背丈は伸びずに広がっていくのでグランドカバーやロックガーデンに使われています。
ヒマラヤユキノシタの名前の由来は、寒さに強く雪の下から葉をのぞかせている様子からきたそうです。

今までよく目にしていましたが名前がわかりませんでした。今回、この花が咲いているお宅の方に伺ってわかりました。ネットで調べるのもいいですが、直接お話を伺った方がすぐに憶えられますね。しかし、ヒマラヤもユキノシタもそぐわない名前ですね。むしろオオイワウチワが一番似合ってます。

タンニンを含みます。海外では、この植物タンニンを皮のなめしに使用するそうです。植物タンニンなめしだと、化学薬品によるなめしとは違い、革を使い込むことで柔らかくなり、色艶が出るなど変化が楽しめるそうです。タンニンなめしは茶色の風合いがでます。
今は、アカシア・ウルシ科植物・栗の木などからの抽出液を使っているそうです。