いいね! (3 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

新型コロナワクチン接種についてのお知らせ 厚生労働省が発表 接種予約は、電話かインターネットで?

この記事は約3分で読めます。

新型コロナワクチン接種についてのお知らせについて 厚生労働省が発表

厚生労働省ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 健康 > 感染症情報 > 新型コロナウイルス感染症について > 新型コロナワクチンについて
2021年1月21日更新のお知らせです。
インターネットで接種会場検索や接種予約を行うと記載されています。
※予約は電話も可のようです。

概要をまとめました。
ここでの記載事項は現時点の見込になります。詳しくはWEBでご確認ください。

接種が受けられる時期

最初の接種は2月下旬から

接種回数

2回接種

接種の順番

(1)医療従事者等
(2)高齢者(令和3年度中に65歳に達する昭和32年4月1日以前生まれ)
(3)高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設等での従事者
(4)それ以外
 妊婦を優先するかどうかや、子どもが接種の対象となるか検討中

接種が受けられる場所

原則として、住民票所在地の市町村(住所地)の医療機関や接種会場
インターネットで、ワクチンを受けることができる医療機関や接種会場を探すための、接種総合案内サイトを設置

接種を受けるための手続き

(1)接種の時期より前に市町村から「接種券」と「新型コロナワクチン接種のお知らせ」が届く。
(2) ご自身が接種可能な時期が来たことをご確認する。
(3) ワクチンを受けることができる医療機関や接種会場を探す。
(4) 電話やインターネットで予約する。
(5) 市町村より郵送される「接種券」と「本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)」を持参する。

接種費用

全額公費(無料)

接種を受ける際の同意の取得

強制ではない
接種を受ける方の同意がある場合に限り接種を行う

接種を受けた後に副反応が起きた場合の健康被害救済制度

健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができる

インターネット予約など詳細が発表されましたら再度ご報告いたします。

ご感想等