いいね! (5 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

花見橋 横浜の橋フォトコンテスト開催中! 「おすすめの横浜の橋」に応募しました。

この記事は約3分で読めます。

横浜市のフォトコンテスト「おすすめの横浜の橋」に横浜市南区の大岡川にかかる花見橋の写真を応募しました。
架け替え工事を一年間記録した思い出の橋です。
架け替え工事の様子をご紹介します。

花見橋 架け替え工事

2011年1月から架け替え工事が始まりました。

2011年2月、大形重機で土台から橋を撤去しました。

右側は水道管です。左側に作業場を設置しました。

3月、両岸の土台に新しくコンクリートを打ちました。

土台ができたのは2011年3月です。
東日本大震災の時でした。
3月11日、震災直後午後3時過ぎの大岡川です。
横浜市南消防署の前で消防局の人々が待機していました。
川の水位が引いているのがわかります。

5月、橋の本体を作っていました。

7月、コンクリートを打ちました。

7月、橋の「親柱」ができました。

8月、舗装され橋の名前が書かれました。

工事現場で、よくアオサギを見かけました。

この付近では、他にも様々な鳥たちと出会いました。

12月、人が通る歩道が完成しました。

2012年2月28日に完成しました。

渡り初めの日の朝です。

幅10mぐらいの小さな橋ですが、架け替えには1年以上かかりました。綺麗になりましたが、以前の橋の方が風情があったように感じます。