いいね! (3 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

イワイチョウ 葉がイチョウに似ていることから名付けられたそうです。秋になるとイチョウのように黄葉するそうです。

この記事は約2分で読めます。

学名:Fauria crista-galli 漢字名:岩銀杏 別名:ミズイチョウ 分類/科名:ミツガシワ科イワイチョウ属
草丈:15~40cm よく見かける場所:高山の湿原  よく見かける時期:6~8月
夏の高山の湿地で肉厚の丸い葉の間から長い花茎を伸ばし、その先に星型の白い花を咲かせます。花びらの縁にシワが寄っているのが特徴です。

日本固有種で本州の中部地方から北から北海道に分布する一種一属の多年草です。亜高山帯から高山帯の湿原などで見ることができます。
名前「イワイチョウ」は葉がイチョウに似ていることから名付けられたそうです。秋になるとイチョウのように黄葉するそうです。

山形県の月山弥陀ヶ原で出会いました。

生育地は遅くまで雪が残る雪田だそうです。

てんてん
てんてん
ご感想など