いいね! (9 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

エビネ 山手のベーリックホールの庭で見つけました。準絶滅危惧に指定されています。見つけても採らないようにしましょう。 

この記事は約3分で読めます。

学名がくめい:Calanthe discolor 漢字名かんじめい:海老根 別名べつめい:ジエビネ ヤブエビネ 分類ぶんるい/科名かめい:ラン科エビネ属
おおきさ:30~50cm よくかける場所ばしょあかるい林  よくかけるつき:4~5月
はるあかるいはやしなかでシワのある卵形たまごがたあいだからくきをのばして薄茶色うすちゃいろがくしろはなかせます。花は、ほぼ横向よこむきにひらきます。

日本にほんひがしアジアに自然しぜんえている毎年まいとし花を咲かせる多年草たねんそうです。日本では北海道ほっかいどう西南部せいなんぶから沖縄おきなわまでられます。以前は普通に見られましたがあかるい雑木林ぞうきばやしすくなったことやひと採取さいしゅしたためかずっています。このままだと消滅しょうめつする危険きけんがあるので準絶滅危惧じゅんぜつめつきぐ指定していされいます。
地下ちかには球根きゅうこんのようなバルブというものが10前後ぜんごつらなっていてエビののようにえることから「エビネ」とばれています。
エビネはおな場所ばしょえるほかのエビネの仲間なかま自然しぜんまじじりやすく様々さまざま雑種ざっしゅられます。今では、さらに交配種こうはいしゅどうしをかけわせて自然界しぜんかいでは見られないような華麗かれい園芸品種えんげいひんしゅ登場とうじょうしています。

神奈川県かながわけんレッドデーターブック」や「よこはまいきものハンドブック」にのっています。

てんてん
てんてん

「神奈川県レッドデータブック2022 」では急速きゅうそく減少げんしょうはみられないようですが相変あいかわらずつかると採られやすいようです。
山手やまてのベーリックホールのにわにキエビネと一緒いっしょに咲いていました。

しつもん いけん かんそう