いいね! (3 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

オオカマキリ ともぐいを発見!! 鳥をたべるカマキリもいるそうです。育ち方も。

この記事は約4分で読めます。

学名がくめい:Tenodera aridifolia 漢字名かんじめい:蟷螂 鎌切 別名べつめい蠅取虫はえとりむし 英語名えいごめい:Mantis(まんてす) 分類ぶんるい/科名かめい:カマキリもくカマキリ
大きさ:オス68 – 92mmメス77 – 95mm よく見かけるところ:野原のはら にわ よく見かける月:8~11月
 緑色みどりいろのオオカマキリのおとな(成虫せいちゅう)が、カマのような前足まえあしをもちあげて獲物えものをまっているのをみかけます。
はるになると子どもたちがスポンジのような、たまごからでてきます。子どもは、茶色ちゃいろで小さいですが成虫と、おな姿すがたをしています。
カマキリの仲間なかまは、全世界ぜんせかいで2,000しゅくらいいます。熱帯ねったいなどあついところにおおくいます。
成虫には、はねがありますが、ぶのがにがてなようです。
おすはからだがほそく、めすは雄よりも、ふとくつよよそうです。
肉食にくしょくで小さい昆虫こんちゅう動物そうぶつをつかまえてべます。ヘビ、クモ、カエル、トカゲ、ミミズなども食べることもあるそうです。また食べものがすくないときはカマキリ同士どうし共食ともぐいすることもあります。

生きてうごいている生き物を食べ、んで動かないものは食べないそうです。えさをつかまえるときは、カマのような前足でおさえつけて、おおきなあごで、かじって食べます。たべたあとには、前足をきれいに、なめているのをよく見かけます。
カマキリは、卵から幼虫ようちゅうになってサナギにならないで 成虫になります。このことを不完全変態ふかんぜんへんたいといいます。チョウのようにサナギになって成虫になることを完全変態かんぜんへんたいといいます。
メスは交尾こうびごにたくさんの卵をスポンジのようなかたまり(卵鞘らんしょう)のなかにうみつけます。

卵鞘の大きさやかたちは、カマキリのしゅるいによって、きまっているそうです。
卵は卵鞘のなかで、あわにつつまれてあつさむさからまもられます。
1つの卵鞘にはすう100この卵がはいっています。メスは生きているあいだに数この卵鞘をつくります。
卵から、うまれた(孵化うか)した幼虫は、うすいかわをかぶっていて前幼虫ぜんようちゅうとよばれています。

前幼虫から皮をぬいだ(脱皮だっぴ)幼虫は、大きさ数mmぐらいで、はねは、ありませんが成虫とそっくりです。
ちいさい幼虫はまずタカラダニ、トビムシ、アブラムシなどちかくにいる小さないきものをつかまえます。このときは、アリもおそろしいてきです。からだが大きくなるとショウジョウバエなどをつかまえるようになり、アリも獲物えものの一つとなります。
ひとつの卵鞘からうまれた数100ひきの幼虫も、成虫になれるのはわずか数匹だけです。

おおむね幼虫は1日に1匹のいきものをつかまえて食べ成虫になるまでに数回すうかい(6から8回くらい)の脱皮をおこないます。幼虫はさいごにハネがはえて(羽化うかして)成虫になります。成虫の寿命じゅみょうは数か月ほどです。

家のにわで2匹のカマキリをみつけました。いきなり上にいたカマキリが下のカマキリにおそいかかりました。そのあと、下におちてみえなくなりました。
春に、おなじ庭でうまれたカマキリ同士かもしれません。

カマキリのそだち方

カマキリは人にも危険な生き物?

 危険きけんな生き物ではありません。
カマキリにはどくがありません。すこともできません。ひとにうつる病気びょうきっていません。ひがしアフリカにはおおきさが25センチまでになるカマキリもいますが、その口はたいした大きさにはならないそうです。
カマキリにゆびをかまれても、おおきなけがにはなりません。
もちろん、かまれないようにするのがいいのですが。

かんそう しつもん いけんなど