いいね! (4 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

キュウリグサ 英名は Cucumber herb 別名タビラコ どっちが本当のタビラコ?

この記事は約2分で読めます。

学名:Trigonotis peduncularis 漢字名:胡瓜草 別名:タビラコ 英語名:cucumber herb 分類/科名:ムラサキ科キュウリグサ属
草丈:10~30cm よく見かける場所:どこでも よく見かける時期3~6月
花言葉:小さくても夢は大きい
ナズナのような小さく可憐な花を茎の先に咲かせます。小さな花の縁が水色で中心部が黄色で同じムラサキ科のワスレナグサに似ています。
アジアの各地に分布する一年草です。日本全国の道端や畑などに分布しています。ムギの伝来にともなって帰化した古代帰化植物と考えられています。
秋に種から芽生えてロゼット状に葉を広げて冬を越します。3月頃から小さくて可憐な花を咲かせはじめ立ち上がって背丈が高くなっていきます。5月頃には高さ30cmほどになることもある。花序はゼンマイ状に巻き込んでおり、しだいに伸びて長くなる。

キュウリグサは葉をもむとキュウリのようなにおいがすることに由来しているそうです。英語もそのままキュウリグサ(Cucumber herb)です。

てんてん
てんてん

別名タビラコはキク科のコオニタビラコと同じ名前です。

ご意見お問い合わせ