いいね! (4 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

コンロンカ 英語名は仏陀のともしび?崑崙も神話から名前がつけられています。

この記事は約1分で読めます。

学名:Mussaenda parviflora 漢字名:崑崙花 別名:ムッサエンダ ムッセンダ ハンカチノハナ 英語名:Buddha’s Lamp 分類/科名:アカネ科コンロンカ属
草丈:1.2~2m よく見かける場所:鉢植え よく見かける時期:5~9月
花言葉:南の風景 神話
夏が近づいたときにハンゲショウのように萼(がく)の1枚が大きくなった白い葉が枝先につき小さい黄色い星状の花を咲かせます。
種子島や台湾、中国南部に分布しているつる性の常緑低木です。寒さに弱いため本州では、冬越しをさせるために屋内に取り込む必要があるようです。
白い萼(ガク)を黄河の源で天界への入り口とされた神々の住む崑崙山に積もる雪にたとえて名づけられたそうです。実際の崑崙山脈も中央アジアの高山地帯で雪で覆われています。
別名のムッサエンダは、スリランカでの現地名からつけられています。

この花もグーグルレンズで名前が分かりました。やはり珍しい植物で情報も少なかったです。