いいね! (4 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

スカシユリ アジアティクハイブリット 日本のスカシユリから作られました。

この記事は約2分で読めます。

学名:Lilium maculatum Thunb. 漢字名:透百合 英語名:Thunberg Lily、Asiatic Hybrids、Elegant Lily  分類/科名:ユリ科ユリ属
草丈:30~150㎝ よく見かける場所:庭  よく見かける時期:5~7月
花言葉:注目を浴びる 親思い 子としての愛 飾らぬ美
白だけでなくピンクや黄色など鮮やかな大きな花を上に向けて咲かせています。ユリの仲間で球根で冬を越す宿根草です。
アジア原産で日本の各地で自生しているスカシユリから改良されたものが園芸種です。呼び名も原種と同じスカシユリとよばれています。本来の園芸種としての呼び名は、アジアンティックハイブリッドです。
他のユリ科の植物は横や下向きに花を咲かせますが、本種は上に向いて咲かせるのが特徴です。
花弁と花弁の間に隙間があることから「透かし百合」と呼ばれるようになったそうです。
ユリの種類は沢山あり、大きく分けるとヤマユリ亜属、テッポウユリ亜属、カノコユリ亜属、スカシユリ亜属の4種類に分けられています。
日本原産のユリがヨーロッパやアメリカで品種改良されて園芸種となっています。スカシユリ系の花は、色の種類が多いので人気があります。
前年の秋(10月~11月)に球根を植え次の年の春から初夏に花を咲かせます。
てんてん
てんてん

スカシユリは、寒さには強いですが暑さには弱いそうです。

別名
イワトユリ(太平洋岸)、イワユリ(日本海岸)、ミヤマスカシユリ(山地生)、ヤマスカシユリ(山地生)、テンジョウユリ(天井百合)
土地ごとに呼び名がつけられています。それほど、自生した花が人々に愛でられていたのでしょう。