いいね! (4 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

ダッシュボードとインフォグラフィック 新型コロナウイルス国内感染の状況(東洋経済ONLINE)がよく分かります。

この記事は約2分で読めます。

新型コロナ関連のニュースが多くなっています。
ジョンホプキンス大学の提供するダッシュボードを紹介しました。

今回は、国内での分析サイトのダッシュボード「新型コロナウイルス国内感染の状況(東洋経済ONLINE)」をご紹介します。
ダッシュボード上で都道府県やデータの種類・新規か累計などを選んで表示できます。

 

 

ダッシュボード

元々は自動車の「計器盤」のことを指します。現在では、複数の情報をひとまとめにしてグラフや表などに変換して一覧で表示するWEBサイトなどを指します。新型コロナ関連のダッシュボードは他にも様々あります。

新型コロナ関係について毎日新聞が積極的に視覚に訴える動画を出しています。

てんてん
てんてん

動画を早送りしたいときは右下の×ボタンを押して速さを選べます。最大2倍速です。

動画グラフでみる新型コロナ 都内の療養患者、緊急事態宣言時の1・5倍に
東京都内の新型コロナウイルス感染者のうち、退院した人や死者などを除く進行形の「患者数」の動向を可視化するため、毎日新聞は人数の規模を球の体積で示す動画インフォグラフィックを作成した。【作成・加藤隆寛】2020年7月18日公開

インフォグラフィック

このようにグラフなどがが日を追って変わる映像を見かけることが増えています。データなどを視覚化し、それをグラフィックとして扱い、見る人により印象を残す表現として使われるものをインフォグラフィックと呼びます。今までは、路線図や標識や地図に使われていました。
最近はグラフと地図と組み合わせるなど数値データを取り入れたものも多くなってきています。
今回の動画のように数値データ変化をグラフなどで動画として視覚的に表現することを動画インフォグラフィックと呼びます。