PR
いいね! (2 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

トウオガタマ 実がなりにくいところからカラタネオガダマとも呼ばれています。花にバナナの香りがあるそうです。 

この記事は約2分で読めます。

学名:Michelia figo 漢字名:唐招魂 別名:カラタネオガダマ 英語名:Banana shrub 分類/科名:モクレン科 / オガタマノキ属
高さ:3~5m よく見かける場所:  よく見かける時期:4月~6月
春から初夏にうつむき加減の地味な花を咲かせています。花の縁や雌しべが淡紫色を帯びバナナのような香りがします。花びらは完全には開かず半開きの状態のままです。花の寿命は短く1~2日で散りますが、次から次へ開花します。葉は細長い楕円形で先がとがっている光沢のある革質です。

中国南部原産の常緑性の花木です。果実は稀にしか結実しないそうです。別名「カラタネオガタマ」は「実の着かないオガタマ」ということから名付けられたようです。
英名「Banana shrub」はバナナの香りからきています。
花から芳香油を精製したものを香料として用いたり花びらを花茶にや薬として利用されているそうです。
寒さにやや弱いですが、よく繁り、開花期が長く、花がよい香りを放つことから庭園樹や生け垣などによく使われているそうです。

ご近所の庭で出会いました。
香りをかいでみたのですが匂いませんでした。
地味な花なので気がつきにくい花です。

てんてん
てんてん

雨や気温の低い日は香りが少ないようですが。

ご感想など