いいね! (5 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

ノウゼンカズラ 毒があるというのは迷信?「花譜」という 貝原益軒著の江戸時代の花の本が原因?

この記事は約4分で読めます。

学名がくめい:Campsis grandiflora  漢字名かんじめい:凌霄花 別名:マカヤキ ノショウ ノウゼン 英語名えいごめい:Chinese trumpet vine 分類ぶんるい/科名かめい:ノウゼンカズラ科・ノウゼンカズラ属
おおきさ:つる 2m~ よくかける場所ばしょにわ  よくかけるつき:7~8月
花言葉はなことば名声めいせい西洋せいよう花言葉はなことば
真夏まなつ庭先にわさきあざやかなオレンジいろおおきなはなをさかせます。
においはありません。

するどい、ぎざぎざのつるからのばしています。

蜜状みつじょうのものが花のなかにたまり、そこにありはちがやってくるそうです。
中国ちゅうごく原産げんさんふゆに葉をとす落葉性らくようせい蔓植物つるしょくぶつです。蔓から気根きこんというしてかべなどにくっついて蔓をのばします。
平安時代へいあんじだい日本にほん中国ちゅうごくからってこられ、おてら神社じんじゃえられたそうです。
ふるくは「ノウセウ(ノウショウ)」や「ノセウ(ノショウ)」とよばれていて、それがなまって「ノウゼン」となりつるほかの木にからみ、よじのぼるため「カズラ」のをつけ「ノウゼンカズラ」とばれるようになったそうです。
漢字名かんじめいの「凌霄花」は「そらしのぐ花」の意味いみたかいところによじ登ることから名づけられたそうです。
最近さいきんいえ庭木にわきとして植えられているように園芸種えんげいしゅの一つになっています。園芸種はいくつかありピンクや黄色きいろなどの花色はないろもあるそうです。
花言葉はなことばの「名声めいせい」は英語名えいごめいのトランペットからつけられたようです。

普段ふだんは、めだたないつるですがなつ一気いっきに花が咲き目立めだちます。

てんてん
てんてん
ノウゼンカズラにはむかしからどくがあるといわれていますが。
WEBでは花のなかのみつ(液)や樹液じゅえき有毒ゆうどくという説明せつめいもあります。はいると失明しつめいするとかはだにつくと、かぶれるという記事きじられます。
これは、江戸時代えどじだい学者がくしゃ貝原益軒はいばら ますけん」の『花譜かふ』というほんに「花をはなにあててかぐぐべからず、のうやぶる。」とかれているところからきているそうです。
最近さいきんとくに毒性はなく迷信めいしんという記事きじられますが、とりあえずさわらないほうがいいようです。
しつもん いけん かんそう