いいね! (3 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

ハゴロモジャスミン ジャスミンティーのもとです。

この記事は約2分で読めます。

学名:Jasminum polyanthum 漢字名:羽衣素馨 別名:シロモッコウ 英語名:Pink Jasmine 分類/科名:モクセイ科ソケイ属
草丈:蔓性1~3m よく見かける場所: 生け垣 よく見かける時期:4~5月
花言葉:愛らしさ 優美 素直 温和 無邪気
ゴールデンウィークが近づくとご近所の生け垣から良い香りが漂ってきます。五芒星のような白い花をいっぱいに咲かせています。中国原産の常緑蔓植物です。
アメリカやヨーロッパで観賞用の植物として育てられています。日本でも病害虫に強く生長が早く、色々な場所に絡み付くので生け垣として使われています。

ハゴロモジャスミンは、挿し木で殖やすことが出来るそうです。挿し木は、8~9月頃が適期で長さ10cmほどのつるを使って挿し木をすることができます。つるの切り口は水に30分ほど漬け、湿らせた赤玉土に挿していきます。その後は日陰で、土が乾燥しないように管理します。
根が出てきたら9~10月に植えられるようです。

てんてん
てんてん

暖かい時期になると、新芽や茎葉にアブラムシやハダニが付くことがあります。きちんと剪定をして、株が茂りすぎないようにすることが大切だそうです。

ジャスミンの香気を手軽に楽しむ方法として、ジャスミンティーがあります。香りだけでなく、栄養素も摂ることができます。ビタミンC、ビタミンE、ミネラルが豊富です。
https://frutia.co.jp/column/1688/