いいね! (5 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

ブーゲンビリア 南国の花が真冬の湯河原の庭先に咲いていました。

この記事は約3分で読めます。
学名:Bougainvillea spp. 和名:九重葛(ココノエカズラ) 別名:筏葛(イカダカズラ) 英語名:Bougainvillea 分類/科名:オシロイバナ科ブーゲンビリア属
大きさ:つる植物 ~30m よく見かける場所:鉢植え 庭  よく見かける時期:7~10月
花言葉:情熱 あなたは魅力に満ちている
夏に赤や紫の花を咲かせます。本来の花は中央部にある小さい白い部分です。一般的に3つあるそうです。花びらのように見える部分は花を取り巻く葉(包葉)だそうです。色鮮やかな苞葉は、ハチドリを引きつけるためだといわれています。
中央アメリカ及び南アメリカの熱帯雨林原産のつる植物です。熱帯では20~30mくらいにまで生長し茎にはトゲがあり木質化します。
属名の学名「Bougainvillea(ブーゲンビリア)」という名前は1768年にブラジルで木を見つけたフランス人の探検家ブーガンヴィルにちなむそうです。
真夏に色鮮やかな花を咲かせ南国情緒を感じさせますが寒さには弱く気温が5℃を下回るところでは越冬できずに枯れてしまいます。しかし関東以西で冬に霜が降りず春から秋にかけて日当たりが良い場所を選んで植え付ければ冬越しができるそうです。

WEB上では冬越しできるようだと書かれていましたが実際に真冬に露地で花が咲いているのをはじめて見つけました。このお宅では南側で日当たりの良い場所に植えてありました。

ご意見お問い合わせ