いいね! (2 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

マイナポイント第二弾 マイナンバーカードの申請が2022年12月末までに延長されました。「マイナポイントの申込み」は2023年2月末までです。

この記事は約5分で読めます。

マイナポイント第2弾

マイナンバーカードを作成し健康保険証や公金受取口座の登録を行った人に最大20000円分のポイントが給付されます。子どもたちも同様です。
(1)マイナンバーカード作成
・申込期間:1月1日から2023年2月末まで
・マイナンバーカード申請期限:2022年9月末までから3カ月延長して12月末までになりました。
・ポイント:最大5,000円相当
(2)マイナンバーカードの健康保険証としての利用申込み
・申込期間:6月30日から2023年2月末まで
・ポイント:7,500円相当
(3)公金受取口座の登録
・申込期間:6月30日から2023年2月末まで
・ポイント:7,500円相当
健康保険証や公金受取口座の登録は「マイナポータル」で行ないます。これらの登録作業は、マイナポータルアプリで、すでに受付を開始しています。
6月30日から開始されるのは「マイナポイントの申込み」
マイナポイントの申込み」はマイナポイントアプリとマイナンバーカードを使って、マイナポイントがもらえる決済サービスを選びポイントを受け取る準備です。申込みを行った月の次の月の中旬以降にポイントが受け取れるようになるようです。
一度選んだ決済サービスは変更できません。
その前にマイナポータルアプリで健康保険証や公金受取口座の登録を済ませておきます。

マイナポイント第2弾の「マイナポイントの申込み」

マイナンバーカードを手元に準備します。

マイナポイントアプリを開く

スマホのマイナポイントアプリをタッチします。

待機画面が表示

「申込む」をタップするといきなり待機画面になりました。
申込み初日だったので混雑していたようです。混雑がなくなればすぐにアクセスできるようになると思います。
とりあえず待ちます。

しばらく待つ

ほぼ4分で順番がきました。
順番が来るとマイナンバーカードでの認証になります。

認証

4桁のパスワードを入力してスマホでマイナンバーカードを読み取ります。

認証が成功すると申込み選択画面になります。

キャンペーンを選択

 

申しこむキャンペーンにチェックをいれて次に進みます。

当然ですが以前に申しこんだ「新規取得」は対象外になっていました。
ちなみに今回の健康保険証と公金受取口座の登録はマイナポータルアプリで行います。
以前登録したとき困ったことです。
私の場合は第一弾でマイナポイントをもらう決済サービスを選んでいましたのでそのまま続けました。

決済サービスの確認

 

決済サービス情報入力

決済サービスの情報(生年月日)を入力します。
入力するのはここだけでした。

生年月日を西暦で入力して次にいきます。

申込み確認

申込み内容を確認して次に進みます。

利用規約の確認と同意

 

利用規約を確認「同意して次へ」をタッチ。

申込み完了

これで完了です。
申込み状況の確認をタッチすると再度マイナンバーカードの認証を行います。