いいね! (3 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

ヤクシソウ パイオニア植物

この記事は約2分で読めます。

学名:Youngia denticulata 漢字名:薬師草 別名:乳草 分類/科名: キク科オニタビラコ属
草丈: 30~120cm よく見かける場所: 斜面 よく見かける時期: 9~11月
花言葉:賑やか 不信感
黄色い花が目立ちます。よく見るとオニタビラコにそっくりです。上を向いたつぼみが花の周りについています。葉は細めのハート型です。今回の株は小さく草丈も30cmくらいで、スミレのように斜面にくっついていました。本来は、花茎がのびて広がりながら花を咲かせるようです。
名前の由来は、いくつかあります。茎から出る白い液が薬として使われたとか、葉の形が薬師如来の光背に似ている等です。いずれにせよ、はっきり分からないようです。
日本(東アジア)に自生して、どこでも見かけられる植物だそうです。

初めて見つけました。きっと珍しい植物だと期待して調べましたが、普通に生えている植物でした。ちょっと、がっかり。よく見ると、いろんな場所に咲いていました。緑地にも咲いてました。

林道を作るときにできる斜面に真っ先に芽を出し花を咲かせるそうです。このように、環境が変わってむき出しの土地に最初に根付く植物をパイオニア植物(先駆植物)というそうです。この花もパイオニア植物だそうです。
茎や葉から白い液を出しますが、苦くて薬効はないそうです。