PR

2021年の立春が2月3日になったのは2000年が「うるう年」のため?

この記事は約4分で読めます。

2021年の立春の日は2月3日になります。そのため節分が2月2日になると報道されています。
誰がどのようにして決め、なぜ3日になったのかを調べてみました。

暦を決めているところ

国立天文台暦計算室

こよみに関するさまざまな情報を提供

翌年の暦

国民の祝日
日曜表
二十四節気および雑節
朔弦望(新月や満月)
東京の日出入、日食および月食等)

各地予報

日の出入り、月の出入り、南中時、太陽・月・惑星の高度と方位、夜明・日暮、月の位相・月齢、星空の様子(惑星や星座の見え方)
日食・月食・日面経過(太陽面通過)の、初日の出情報(期間限定)など
毎年2月に官報で翌年の分を発表しています。
最新の来年の暦が掲載されています。

春分の日、秋分の日は、それぞれ3月21日、9月23日になります。
日食が2回、月食が2回あるそうです。

立春の日の決め方

立春の日の定義

立春 (りっしゅん)は視黄経315度の日
立春や夏至、冬至といった暦(こよみ)の二十四節気は太陽と地球の位置関係で決めています。
二十四節気(にじゅうしせっき)は、1年の太陽の黄道上の動きを視黄経の15度ごとに24等分して決められています。

ところが実際に日付を定めるには様々な要素が入るので複雑になっています。

他の二十四節季などはこちら

視黄経の計算はこちらでできます。

2000年が「うるう年」のため2021年に立春が2月3日に

二十四節気の変動を「うるう年」で調整

暦上の1年が365日なのに対し、1太陽年の長さは365.2422日なので1年かけて軌道上を1周してきてもまだ0.2422日 (=約6時間) だけ足りません。
このため、二十四節気の時刻は毎年約6時間ずつ遅くなっていきます。
2012年には3月20日14時に春分を通り過ぎました。
次に春分を通過するのは365日と約6時間後、つまり2013年の3月20日20時になります。その次に通過するのはさらに365日と約6時間後、つまり2014年の3月21日2時ごろとなります。同様に、2015年には3月21日8時ごろとなります。
2016年はうるう年のため1日多く366日あるので2016年は3月21日14時ごろではなく、3月20日14時ごろになります。
それまで約6時間×4年=約1日だけ遅くなった分が「うるう年」で1日増えたことで帳消になり、だいたい元の時間に戻ります。
このように「こよみの日付」と二十四節気 (あるいは季節) が大きく変わらないように「うるう年」を挿入する理由ということです。
400年で割れる年は特別な年
その「うるう年」が400年調整※で一日増える2000年のような年の前後の世紀は節分などの日付がずれやすくなるそうです。
※うるう年で4年で約45分、400年で3日ほど増やしすぎてしまいます。そのため、うるう年を400年で3回減らすために100で割れる年はうるう年にせず400で割れる年はうるう年のままとなります。

今年と来年の立春の日

月日中央標準時
20212月03日23時59分
20222月04日05時51分

調べ始めたらはまってしまいました。複雑な計算が必要なことが分かりました。
今年の立春は1分ずれたら、いつも通りに4日になっていたのですね。

ご感想等