いいね! (2 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

イノコヅチ ヒカゲノイノコヅチとヒナタノイノコヅチがあります。ひっつきむしです。

この記事は約3分で読めます。

学名がくめい:Achyranthes bidentata 漢字名かんじめい:猪子槌 別名べつめい:コマノヒザ 英語名えいごめい:pig’s knee 分類ぶんるい/科名かめい:ヒユ科イノコヅチ属
おおきさ:50~100cm よくかける場所ばしょ:NT緑地りょくち やぶ みちばた よくかけるつき:7~11月
花言葉はなことば人懐ひとなつっこい
 なつからあきみちばたで緑色みどりいろちいさなつぶつぶのはなくきあきにつけます。花にはとげとげがあります。花がきおわると下向したむきに、ぴったりと茎につけます。

小さなには二本にほんのとげのようなものをちヘヤビンのようにふくっかります。「ひっつきむし」の一つです。
日本にほんやアジアが原産げんさん毎年まいとし花を咲かせる多年草たねんそうです。日本では 本州ほんしゅうから沖縄おきなわにかけてえています。野山のやまから街中まちなかまで、いたるところでかけることができます。
猪子槌(イノコヅチ)という名前なまえくきの節の部分が猪(イノシシ)のひざえることから名付なづけられたとわれています。
てんてん
てんてん

薬草やくそうとしても使つかわれるそうです。

乾燥かんそうさせて薬草やくそうとして使ったそうです。牛膝(ゴシツ)という名前なまえ生薬しょうやくになります。

しつもん いけん かんそう