いいね! (4 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

ウインターベル クレマチス・アンスンエンシス クレマチスの仲間です。冬のフェンスを彩ります。クレマチスには毒があります。

この記事は約3分で読めます。

学名:Clematis anshunensis 別名:ウインターベル 分類/科名:キンポウゲ科 センニンソウ属(クレマチス属)
草丈:100~300cm以上(つるの長さ) よく見かける場所:フェンス  よく見かける時期:12月~2月ごろ
冬のフェンスに葉をつけてからまっています。

節々に白い房の実のようなつぼみを下向きにつけます。

先端が、くるんと反転した花を咲かせます。
中国原産の冬に花を楽しめる常緑の冬咲きクレマチスです。耐寒性が強く丈夫で冬に花を咲かせます。夏も青々とした葉っぱを楽しむことができる品種です。
白い花が釣鐘状の形をしているところから「ウィンターベル」 とも呼ばれています。
つる性で、ぐんぐんとよく伸びるのでアーチやフェンスに這わせたり鉢で、あんどん仕立てにされているそうです。

クレマチスの仲間はテッセンなど四季咲きがよく知られています。

センニンソウもクレマチスの仲間です。

てんてん
てんてん

実やタネがおもしろい形になります。

クレマチスの実やタネは風車状になっている物が多いです。
ふわふわの羽状の実にタネがつくようです。

毒性

クレマチスはキンポウゲ科に属する植物で毒を持っていることが知られています。
草、つる、樹液などにプロトアネモニン(Protoanemonin)、サポニン(Saponin)などの毒成分を含むそうです。そのため接触皮膚炎(水泡)や胃腸炎をおこすそうです。クレマチスを剪定した際には、その樹液を口にしたり皮膚につけることは危険です。
ご意見お問い合わせ