いいね! (3 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

エノキ オオムラサキやヤマトタマムシ、ゴマダラチョウ、テングチョウには欠かせない木です。

この記事は約2分で読めます。

学名:Celtis sinensis 漢字名:榎 榎木 別名:エノミ エノミノキ ヨノキ ヨノミ アブラギリ  分類/科名:ニレ科エノキ属
草丈:10m~25m よく見かける場所:公園 雑木林 花期:4~5月

大きな樹木です。幹は樹皮が暗い灰色で葉が秋に黄色く色づきます。葉はやや肉厚で光沢がありツルツルしています。雌雄同株の広葉落葉樹で高さは20m以上、幹の直径は1m以上になる高木です。
春になると芽吹きと共に緑色の小さな花を咲かせ花には雌雄があります。雌花には球形のカラフルな実ができ、9~10月に熟します。実は直径は6~8ミリ程度で果皮には甘味があり食べられます。
東アジア原産です。北海道を除く日本全国に自生するニレ科の樹木です。枝分かれが多く、大きな緑陰を作るため、ケヤキやムクノキなどとともに各地の一里塚や神社仏閣に植栽されてきています。
大木となるエノキからは大きな板を取ることができます。しかし、材はねじれやすく材木としての評価は低いそうです。ただ、頑丈であるために農具(カマなど)の「柄」を作るのに使われたそうです。そこから「柄の木」=エノキと命名されたという説もあるそうです。

高圧線下の雑木林に黄色い葉をつけた大きな木が気になって調べたところエノキでした。昔は一里塚に植えられて多くの人が知っていた木です。
最近は株元や枯れ枝にできるエノキダケの方が人気が高いです。エノキダケは榎に限らずコナラやカキなどいろいろな落葉樹の腐食部に寄生するそうです。

てんてん
てんてん

国蝶であるオオムラサキやヤマトタマムシ、ゴマダラチョウ、テングチョウには欠かせない餌になる木です。これらのエノキの葉を食べて育ち、エノキの葉の裏でサナギになります。

エノキという名の由来には諸説あるそうです。
・一里塚が出来た頃に目印としてスギやマツ以外の木(余の木)として使われたのでヨノキが転じてエノキとなった。
・縁起の良い木を意味する「嘉樹(ヨノキ)」が転じてエノキとなった。
・秋にできる朱色の実は小鳥や森の生き物に食べられていて「餌の木」からエノキとなった。
※漢字の榎は日本で作られたものだそうです。