いいね! (3 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

オウバイ 春の先駆けの花です。

この記事は約2分で読めます。

学名:Jasminum nudiflorum 漢字名:黄梅 漢名:迎春花、英語名:Winter jasmine 分類/科名:モクセイ科ソケイ属
草丈:蔓性 よく見かける場所:庭  よく見かける時期:2~4月
花言葉:控えめな美 期待 恩恵
立春ちかく庭の石垣に垂れ下がるように黄色い花を咲かせています。葉は落葉して茎から直接、花が咲いています。
中国原産で江戸時代に日本に渡来しました。半蔓性の落葉低木です。中国名「迎春花」・英語名「Winter jasmine」も早春の花を表わしています。日本名は、花を梅の花に見立て花色が黄色いところからきています。ソケイ属の花は、ジャスミンなど花に香りがあるのですが、本種には香りがありません。
この時期に同じような黄色い花が咲く木々があります。特に「オウバイモドキ」は、よく似ています 。ただし、「オウバイモドキ」は常緑なので葉がついているので見分けられます。

季節によって花の色に流行があるように感じます。
春は、本種やレンギョウなど黄色が目立つように思うのですが。

てんてん
てんてん

黄色い花の多いわけは、こちら「日本植物生理学会」
アブやハエさんは、黄色が好きなようです。

春の開花期の花に、利尿の薬効があるそうです。採取したものを日干し乾燥して使うようです。