いいね! (3 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

カントウタンポポ NT緑地の宝物です。

この記事は約2分で読めます。

NT緑地の宝物。
カントウタンポポが咲き始めました。

学名:Taraxacum platycarpum 漢字名:関東蒲公英 分類/科名:キク科タンポポ属
草丈: 20~30cm よく見かける場所:NT緑地  よく見かける時期:3~5月
NT緑地の花壇近くの斜面に群生しています。今年は、ヒメリュウキンカが斜面にも増えてきているので数が少ないように感じます。
ヒメリュウキンカ
学名:Ranunculus ficaria 漢字名:姫立金花 別名:オウシュウキンポウゲ 英語名:Ranunculus ficaria 分類/科名:キンポウゲ科キンポウゲ属 草丈: 8~20cm よく見かける場所:林 緑地  よく見...

在来のタンポポは、セイヨウタンポポと違って自家受粉で種ができません。また、種が発芽するのは秋以降になります。そのため、群生して虫がいる場所でないと他のタンポポに繁殖地を奪われてしまいます。
NT緑地の斜面は、カントウタンポポが群生し繁殖しやすい場所のようです。
てんてん
てんてん

ぼくの上の部分が総苞です。反り返っていませんのでセイヨウタンポポではなく在来タンポポ(カントウタンポポ)です。

「ニセカントウタンポポ」が近年関東地方を中心に存在が確認されているそうです。外来タンポポ群の一つですが、総苞片は反り返らないので在来種と間違えやすいです。花期は4月から5月だそうです。
外来タンポポと在来タンポポの雑種であるという説と別の系統の外来タンポポであるという説がありますが、詳しいことはよくわかっていないようです。