いいね! (3 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

シュウカイドウ 秋の季語

この記事は約2分で読めます。

学名:Begonia grandis 漢字名:秋海棠 別名:断腸花 英語名: 分類/科名:シュウカイドウ科シュウカイドウ属(ベコニア属) 多年生球根植物 草丈: 40~60cm よく見かける場所:庭 日陰の道ばた  よく見かける時期: 8~10月
花言葉:自然を愛す 片思い
 帰化植物で江戸時代初期に中国から園芸種として、渡ってきました。淡い紅色の花色が海棠に似ているところから中国でも秋海棠と呼ばれそのまま音読みで呼ばれているそうです。現在は園芸種として「ベコニア」が多く花屋さんで見られます。
雄花と雌花があります。同じ株に両方咲くので雌雄同株といいます。雌花には、花弁がなく顎が二つ(小さい花弁が一つの時もある)と花の根元に三角錘のような子房がついています。雄花には、小さな花弁が二つと大きい顎が二つ、黄色い球状のものがつき花粉曩がついています。しかし、種で繁殖するのではなく葉腋にムカゴをつけて、それが地面に落ちて増えていくそうです。また、寒さに強く球根で越冬します。

最近は、野生化して日陰の道ばたなどでよく見かけます。我が家では、半日陰が好きな花なので庭の日陰に咲かせています。

花言葉の「片思い」は、葉の形がハート型で片方が大きいことから来ているそうです。秋の季語にも使われます。「秋海棠 西瓜の色に 咲きにけり」 松尾 芭蕉