いいね! (5 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

ストック 八重咲きの花には種ができません。種をとるためには一重の花を持つ株を選んで育てなければならないそうです。

この記事は約3分で読めます。

学名がくめい:Matthiola incana  和名:アラセイトウ(紫羅欄花) 英語名えいごめい:garden stock 分類ぶんるい/科名かめい:アブラナ科アラセイトウ属
おおきさ:40~80cm よくかける場所ばしょにわ 花壇かだん よくかけるつき:1~4月
花言葉はなことば永遠えいえん
ふゆにご近所ごきんじょの花壇で、すくっとびたくきいろとりどりのはなびらをかさなるようにかせています。

みなみヨーロッパ原産げんさん毎年まいとし花を咲かせる多年草たねんそうですがなつあつ日本にほんではあきまき一年草いちねんそうになります。
英名えいめいの「Stock(ストック)」はくきみきのことでスーッと茎をばした花姿はなすがたあらわしています。
和名の「アラセイトウ」は手触てざわりがポルトガルのラセイタ(毛織物けおりもの一種いっしゅ(raxeta))にていることから「ラセイタ」→「アラセイタ」→「アラセイトウ」のように変化へんかしてばれるようになったといわれています。
かおりがつよばなとしても人気にんきがあります。
八重咲やえざきが一般的いっぱんてきですが八重咲きはたねができません。種をるためには一重の花(八重と一重ひとえ遺伝子いでんし両方りょうほうかぶ)をえらんでそだてなければならないそうです。そのためちいさいなえとき鑑別かんべつおこな必要ひつようがあるそうです。
おなじように「ラセイタ」(毛織物けおりもの)にているところ「ラセイタソウ」と名付なづけられた植物しょくぶつもあります。

たねからそだてました

みせられているたねからそだてると八重咲やえざきと一重咲ひとえざきのかぶざってくそうです。

(八重咲きのストックの花は花びらばかりでしべもしべもまったくないため種をつける能力のうりょくがありません。反対はんたいに一重の花は雄しべも雌しべもそろっているのでよくができて種をつけます。その種は八重咲きの遺伝子いでんしっているそうです。この一重花からとれるタネはつぎの代に八重咲き株と一重咲き株の両方りょうほうがほぼ半数はんすうずつ出現しゅつげんするそうです。)

では1がつになっても花は咲いていませんが、だんだんおおきくなってきています。どちらの花が咲くかたのしみです。

てんてん
てんてん

アブラナなのではるになるとアブラムシがよってきます。ぼくの出番でばんです。

しつもん いけん かんそう