いいね! (2 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

ストック 和名がアラセイトウ(紫羅欄花)ですって知ってました。

この記事は約2分で読めます。

学名:Matthiola incana  和名:アラセイトウ(紫羅欄花)英語名:garden stock 分類/科名:アブラナ科アラセイトウ属
草丈: 40~80cm よく見かける場所:庭 花壇  よく見かける時期: 1~4月
花言葉:永遠の美 愛情の絆 求愛 色別にあります。
いつも通る、お宅の庭の花壇で、すくっと伸びた茎に色とりどりの花を咲かせているのを見つけました。冬の花壇で色とりどりの花が目立ちます。英名の「Stock(ストック)」は、茎や幹といいます。まさに庭に立つ花の様子を表しています。南ヨーロッパ原産の多年草ですが、日本では秋まき一年草になります。
香りが強く、切り花としても人気があります。八重咲きが一般的ですが八重は種が出来ません。そのため、種を取るためには八重と一重の遺伝子を両方持つ株を選抜しなければならないので、幼苗時に鑑別を行う必要があるそうです。
アラセイトウの名は、葉の手触りが、ポルトガル語のラセイタ(毛織物の一種(raxa))に似ていることから「葉ラセイタ」→「アラセイタ」→「アラセイトウ」に変化したといわれています。ところが、「ラセイタソウ」という草もあるので、はっきりしません。

和名の「アラセイトウ」は、はじめて知りました。

てんてん
てんてん

アブラナ科なので春になるとアブラムシがよってきます。ぼくの出番です。

ストックも花色によって花言葉が違います。
赤いストックの花言葉は「私を信じて」
ピンクのストックの花言葉は「ふくよかな愛情」
白いストックの花言葉は「思いやり」「ひそやかな愛」
紫のストックの花言葉は「おおらかな愛情」
黄色いストックの花言葉は「さびしい恋」