いいね! (3 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

ハマカンザシ アルメリア 冬に咲かない花を咲かせていました。

この記事は約2分で読めます。

学名:Armeria maritima 漢字名:浜簪 別名:松葉簪(マツバカンザシ) 英語名:Thrift Sea pink 分類/科名: イソマツ科ハマカンザシ属(アルメリア属)
草丈:10~30cm よく見かける場所:庭 花壇  よく見かける時期:3~5月
花言葉:思いやり 同情 共感
冬の寒風の中で芝のように密生した葉の間からピンク色の小さなポンポンのような花を咲かせていました。
ヨーロッパの海岸(特にイギリスに多い)原産の多年草です。乾燥や塩分に強い花です。花色は桃色、白、赤があります。
属名の学名「Armeria(アルメリア)」は、「海に近い」という意味のケルト語が語源で、この植物が海岸に自生していることにちなむといわれます。
和名の「浜簪(ハマカンザシ)」は、浜辺に咲く花の姿がかんざしに似ていることに由来するともいわれます。また、「松葉簪(マツバカンザシ)」の別名もあります。

花が下を向いてしぼんでいるように咲いていました。冬の霜にやられたのかなと思っていました。調べてみると下を向くように咲くところからハマカンザシと名付けられたそうです。寒く乾燥した時期にけなげに咲いていました。

てんてん
てんてん

本来の開花期は春ですが、この写真の花は冬に開花していました。

webで調べても冬に開花している苗は販売されていません。
この写真の花はハマカンザシのように見えますが違う種類なのか調べていきます。
ご意見お問い合わせ