いいね! (5 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

ヒャクニチソウ 最近はジニアとよばれています。メキシコ原産で花の色や大きさ・咲き方もたくさんの種類がある夏の花です。

この記事は約6分で読めます。


学名がくめい:Zinnia elegans Jacq.  漢字名かんじめい:百日草 別名べつめい:ジニア ウラシマソウ(浦島草)チョウキュウソウ(長久草) 英語名えいごめい:Common zinia、youth-and-old-age 分類ぶんるい/科名かめい:キク科キク亜科ヒャクニチソウ属
おおきさ:30~90cm よくかける場所ばしょにわ 花壇かだん   よくかけるつき:7~10月
花言葉はなことば:不在の友を思う 注意を怠るな

なつからあきまでいろとりどりのおおきめのはなくきさきかせます。なが期間きかん、咲きつづけます。

かぶは茎が枝分えだわかれしながらたくさんの花をつけます。

花はしたのような花(花びらにえるもの)をつけ、これにはしべがついています。その内側うちがわに雄しべとしべをつつのような花をたくさんつけています。

中央ちゅうおうアメリカのメキシコが原産げんさんはるたねをまいて夏から秋に花を咲かせふゆれてしまう一年草いちねんそうです。
メキシコではアステカ族が16世紀以前せいきいぜんから栽培さいばいしていたそうです。18世紀まつにメキシコからスペインにやってきてからヨーロッパにもたらされました。はじめは注目ちゅうもくされなかったそうですが1850 年頃ねんごろ八重咲やえざきの花が発見はっけんされアメリカで巨大輪きょだいりんや八重咲きなどの花がつくられてヨーロッパにもどりフランス、イギリスで人気にんきになって販売はんばいされるようになったそうです。日本にほんへは江戸時代えどじだいわりごろ(1860年頃)にアメリカからやってきたそうです。
20世紀せいきになってアメリカで巨大輪の『カリフォルニア・ジャイアント』がつくされました。


花色はないろ原種げんしゅでは舌状花ぜつじょうかむらさき内側うちがわ筒状花つつじょうか黄色系きいろけいでしたがいまでは青色あおいろ以外いがいほぼあらゆるいろのものがあります。
花のおおきさや咲きかたもたくさんの種類しゅるいがあります。
大きさで小輪しょうりん中輪ちゅうりん大輪たいりんがあり花形はながたでは万重咲まんじゅさきき(ダリア咲き)、マツムシソウ咲き、ねじれ咲きなどがあります。さらに花びらに斑点はんてんがあるものや条線じょうせんはいるものなどもあります。また鉢植はちうえやプランター栽培向さいばいむけの背丈せたけちいさい品種ひんしゅつくられています。
和名えめい百日草ひゃくにちそう」は花の咲いている期間きかんながいことから名付なづけられました。おなじように花の寿命じゅみょうながいことからウラシマソウ(浦島草)やチョウキュウソウ(長久草)の別名べつめいもあります。
直射日光ちょくしゃにっこうにもつよ高温こうおんこの乾燥かんそうにもつよいため夏の花壇かだん最適さいてきな花です。

春にたねをまいて夏から秋まで花が観賞かんしょうできます。写真しゃしんの花も種からそだてたものです。今回こんかい背丈せたけの大きいり花ようを育てました。

葉っぱにしろこながついたようになる、うどんこびょう立枯病たちがれびょうなどが発生はっせいすることがあります。これらの病気びょうきつよいのがサカタのタネがつくったジニアプロフュージョンという品種ひんしゅです。この品種も種から育てました。

てんてん
てんてん

ヒャクニチソウとダリアはよくていますがキク科の別属べつぞくの花です。

ヒャクニチソウとダリア

ヒャクニチソウとダリアはメキシコ原産でキク科の仲間なかまです。
どちらも暑さに強く長く花を咲かせて花もよく似ていて様々さまざまな色があります。

違い

ヒャクニチソウ

種で育つ一年草いちねんそう 真夏まなつに咲く

ダリア

球根きゅうこんで育つ多年草たねんそう 春から秋まで咲く

コウテイダリア

多年草 11月から12月に咲く

しつもん いけん かんそう