いいね! (2 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

ベニウツギ タニウツギの園芸種です。

この記事は約2分で読めます。

学名:Weigela hortensis 漢字名:谷空木 別名:タウエバナ※ 英語名:Japanese weigela 分類/科名:スイカズラ科タニウツギ属
高さ:2~5m よく見かける場所:庭 公園  よく見かける時期:5~6月
花言葉:豊麗
田植えの時期にピンクから赤いツツジを小さくしっかりさせたような花をつけます。ベニウツギは、花色を濃くした園芸種です。
タニウツギは、日本固有種で北海道西部から山陰地方など日本海側の積雪地域に多く分布している落葉低木です。幹が空洞になっているところから「空木」という名がついたようです。雪国では、しなやかな幹で豪雪に耐えながら山の一面を真っ赤に染めるほど群生するようです。
てんてん
てんてん

唱歌「夏は来ぬ」で「卯の花の 匂う垣根に
時鳥(ほととぎす) 早も来鳴きて
忍音(しのびね)もらす 夏は来ぬ」と歌われていますね。

※タニウツギは、材木を葬儀の際に骨を拾う箸に利用したことや、花が燃えるように美しく、花の時季には辺り一面が山火事になったように見えることからかカジバナ(火事花)、シビトバナ(死人花)、ソウシキバナ(葬式花)などの異名があり、忌み嫌われている地方もあるそうです。