いいね! (4 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

ヤマボウシ 実がなりました。

この記事は約2分で読めます。

学名:Cornus kousa 漢字名:山法師 山帽子 英語名:Kousa dogwood Japanese dogwood 分類/科名:ミズキ科ミズキ属
大きさ:5~10m よく見かける場所:公園 街路樹 庭 よく見かける時期花:6~7月 実:9月~10月
花言葉:友情

台風や秋雨のせいで木の実は残っていません。郵便局近くの公園にあるのがわかりましたので来年は少しいただいてジャムでも作ってみようかと思っています。

てんてん
てんてん

近縁のハナミズキ(アメリカヤマボウシ)の果実は集合果にならず単花果で赤い果実が一つずつできます。

品種改良によって、実の大きな品種(ビッグアップル)、斑入りの品種(ウルフアイ)、赤みがかった花をつける品種(源平・サトミ)、黄色の花をつける品種(金陽)などの多彩な種が流通しているそうです。