いいね! (3 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

ラナンキュラス 和名は花金鳳花(ハナキンポウゲ)です。

この記事は約2分で読めます。

学名:Ranunculus asiaticus 和名:花金鳳花 英語名: Ranunculus 分類/科名:キンポウゲ科キンポウゲ属
草丈: 30~50cm よく見かける場所:庭 花壇  よく見かける時期: 2~5月
花言葉:とても魅力的 華やかな魅力
鮮やかな赤やオレンジ色など、こんもりとした八重万重咲の万重咲花が冬に目立ちます。地中海沿岸原産の宿根草です。球根で育つ種類もあります。ヨーロッパで十字軍が持ち帰った花を園芸種として品種改良してきました。日本へは、明治の中期頃に渡来したそうですが当時は、花も小さく花弁の数も少なかったようです。
地中海沿岸原産の花たちの特徴として高温多湿の日本の夏が苦手です。今咲いている花が終わったら球根を堀りあげて乾燥させておきます。秋にその球根を植えると次の春にまた花を咲かせることができます。ただ、お園芸店で売っている苗のように2月頃には咲かず4月頃から咲き始めます。

アネモネと同じ時期に咲きますが、ラナンキュラスの方が圧倒的にボリュームがあります。好みは分かれるところですが。私は、アネモネの方が好きです。

てんてん
てんてん

春にアブラムシがきます。

1960年代に日本で作られた品種「ビクトリアストレイン」が巨大輪万重咲で花が大きくなり、ラナンキュラスのイメージを変えたそうです。現在も品種改良が進んでいます。