みちくさ図鑑

ボウフラ(カの幼虫) たまり水に発生していました。2週間で成虫になってしまいます。

学名:Culicidae 漢字名:蚊 英語名:mosquito 分類/科名:糸角亜目カ科イエカ属、ヤブカ属、ハマダラカ属など 大きさ:15mm以下 よく見かける場所:どこでも  よく見かける時期: 4~12月 ボウフラは春から秋ま...
みちくさずかん for Kids

オオカマキリ ともぐいを発見!! 鳥をたべるカマキリもいるそうです。育ち方も。

学名がくめい:Tenodera aridifolia 漢字名かんじめい:蟷螂 鎌切 別名べつめい:蠅取虫はえとりむし 英語名えいごめい:Mantis(まんてす) 分類ぶんるい/科名かめい:カマキリ目もくカマキリ科か 大きさ:オス68...
チョウ

アカボシゴマダラ(あかぼしごまだら) もともと日本(にほん)にいなかったちょうちょです。さいきん、日本でもみつかります。

学名(がくめい):Hestina assimilis(へすてぃーな あしみりす) 分類(ぶんるい)/科名(かめい):チョウ目(もく)タテハチョウ科(か)コムラサキ亜科(あか) 大きさ(はねのながさ)40-53mm よく見かけるとこ...
チョウ

アカボシゴマダラ 中国や台湾に分布し日本にいなかった蝶ですが近年、関東地方などで見られるようになっています。

学名:Hestina assimilis 漢字名: 分類/科名:チョウ目タテハチョウ科コムラサキ亜科 大きさ(前翅長)40-53mm よく見かける場所:エノキなどの雑木林   よく見かける時期:4月~10月年3回 夏に木の蜜を吸...
チョウ

サトキマダラヒカゲ 以前はキマダラヒカゲと呼ばれていましたが現在は里(サト)と山(ヤマ)に分かれています。普通に見られる蝶です。 

学名:Neope goschkevitschii 漢字名:山黄斑日陰蝶 分類/科名:チョウ目タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科 大きさ(前翅長)26~39mm よく見かける場所:竹やぶやササ類のはえた林  よく見かける時期:5~9月 ...
みちくさ図鑑

クロアゲハ 幼虫を見つけました。白黒パンダ模様です。無事成虫になれるのでしょうか。

学名:Papilio protenor 漢字名:黒揚羽 英語名:Spangle species of black swallowtail butterfly Papilio protenor 分類/科名:チョウ目アゲハチョウ科 成虫...
みちくさ図鑑

ヒガシニホントカゲ(幼体)幼体と成体は体色が違います。東日本のトカゲの名称はニホントカゲから2012年に新種としてヒガシニホントカゲ になったそうです。ミミズとの格闘を撮影しました。

学名:Plestiodon finitimus 漢字名: 英語名:apanese five-lined skink 分類/科名:有隣目トカゲ科 大きさ(成体):20~25cm よく見かける場所:日当たりの良い道ばたなど  よく見...
みちくさ図鑑

アブラゼミ 翅は前後とも不透明の褐色をしています。翅全体が不透明のセミは世界でも珍しいそうです。

学名:Graptopsaltria nigrofuscata 漢字名:油蟬 鳴蜩 英語名:large brown cicada 分類/科名:カメムシ目(半翅目)ヨコバイ亜目(同翅亜目)セミ科 大きさ:56-60mm よく見かける場所:...
みちくさ図鑑

アメリカピンクノメイガ サルビアの近くなどで見かけます。ピンクの翅色でひらひらとんでいる小さな蛾です。外来種で最近よく見かけるようになっています。

学名:Pyrausta inornatalis 和名:アメリカピンクノメイガ 分類/科名:ツトガ科ノメイガ亜科 大きさ:13mm よく見かける場所:サルビアのそば よく見かける時期:3~11月 夏の早朝など涼しいときに...
みちくさ図鑑

コガネムシ コガネムシとカナブンの見分け方は? 害虫・益虫の違いは?

学名:Mimela splendens 漢字名:黄金虫、金亀子 分類/科名:コガネムシ科 大きさ:17-23mm よく見かける場所:林  よく見かける時期:5~10月頃 夏になると葉っぱや木の枝についているの見かけます。背中は...