いいね! (5 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

カンパニュラ アルペンブルー ホタルブクロ属ですが星形の花が特徴です。

この記事は約3分で読めます。

学名:Campanula poscharskyana 和名:星桔梗  英語名:Campanula poscharskyana Campanula alpenblue 分類/科名:キキョウ科ホタルブクロ属
草丈:15~30cm よく見かける場所:庭  よく見かける時期:3~9月
花言葉:誠実 感謝 節操

春から夏にかけて株を地面に這うように広げます。その株から垂れ下げるように青紫色の星型のような花をいっぱい咲かせます。葉は縁にギザギザの入った卵形で互い違いに生えながらたくさん茂ります。

ヨーロッパ南東部のバルカン半島・ディナル・アルプスが原産の多年草です。もともと岩場や石の多い場所に分布しているそうです。
カンパニュラ・ポシャルスキアナの園芸品種の一つで青紫色の花を咲かせるものを指すそうです。他にも、白い花を咲かせる「アルペンホワイト」や、青みがかったピンクの花がかわいらしい「アルペンピンク」など、いくつかの園芸品種があります。
花が星型をしていることから和名「星桔梗」と名づけられました。

てんてん
てんてん

種まきと株分けで数を増やすことができます。庭植えなら、こぼれた種で自然と株が増えていくそうです。

ご意見お問い合わせ