いいね! (3 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

スノードロップ スノードロップとスノーフレークの違いは緑の点です。

この記事は約2分で読めます。

学名:Galanthus nivalis 和名:待雪草(マツユキソウ) 英語名:Snowdrop 分類/科名:ヒガンバナ科ガランサス属
きさ:5~30cm よくかける場所:庭  よくかける:2月~3月
花言葉:希望 慰め

真冬の庭にうつむいたように白い花を下向きに咲かせます。

ヨーロッパ原産の多年草(球根)で春を告げる花として人気があります。属名「Galanthus(ガランサス)」はギリシア語で「乳のように白い花」を意味し、種小名「nivalis(ニバリス)」はラテン語の「雪(nivis)」を語源として「雪の中や近くに成長する」という意味があるといわれます。そこから英名では「スノードロップ(雪のしずく)」、和名では「待雪草(マツユキソウ)」と呼ばれています。
日本で一般的にスノードロップの名前で親しまれている種は英名「ジャイアント・スノードロップ」と呼ばれるガランサス・エルウェシーという種だそうです。
普通は2月から3月に開花し6月ごろに茎葉が枯れて休眠します。球根を掘り上げずに夏越できるそうです。

花期が2月からということですが昨年は12月で今年は1月に花が咲いていました。

てんてん
てんてん

スノードロップとよく似た花にスノーフレークがあります。

スノードロップとスノーフレークの違い

ご意見お問い合わせ