いいね! (3 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

ノゲシ

この記事は約2分で読めます。

学名:Sonchus oleraceus 漢字名:野芥子 別名:乳草 ケシアザミ 英語名:sow thistle 分類/科名:キク科ノゲシ属
草丈: 50~100cm よく見かける場所:どこでも  よく見かける時期: 5~10月
花言葉:旅人
道を歩いていると、一株また一株と道ばたで黄色い花を咲かせています。葉には、とげがあるので触るのは控えたくなりますが、とげは柔らかく痛くありません。葉の形がケシに似ているので、この名前をつけられたそうですが、むしろアザミに似ています。
茎や葉を傷つけると白い液をだします。若い芽は、食用になるそうです。
よく似た花にオニノゲシがあります。葉の付け根部分が違うので見分けられるそうです。オニノゲシは、とげが堅くて触ると痛いのでわかります。また、種は違いますがアキノノゲシと区別するためにハルノノゲシと呼ばれることもあるそうです。
タンポポのように綿毛ができます。その綿毛をとばして増えていきます。咲いている場所を見ていくと、ちょうど綿毛が飛んで道ばたに落ちていった様子が想像できます。

晩秋になると地味な黄色い花が多く見られます。黄色い花には、虫たちが多く集まっています。冬が来る前に速く種をたくさん作り次世代へつなごうという植物の戦略でしょうか。

てんてん
てんてん

小バエたちは、黄色いテープによく集まっているね。

学名のoleraceusは「栽培する」という意味で、食べられる植物につけられるそうです。
ノゲシも天ぷら、油炒め、おひたしなどで食べられるそうです。