いいね! (2 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

ハコベ ハコベといっても、いろいろなハコベがあるようです。

この記事は約4分で読めます。

学名がくめい:Stellaria media 漢字名かんじめい:繁縷 別名べつめい:ハコベラ 英語名えいごめい:common chickweed、Chickenwort  分類ぶんるい/科名かめい:ナデシコ科ハコベ属
おおきさ:10~20cm よくかける場所ばしょ:どこでも  よくかけるつき:いつでも
花言葉はなことばあいらしさ
3がつになってあたたかくなるとみちばたにちいさなはなをつけます。花は白色しろいろさきれたちいさな2つ一組ひとくみの5まいはなびらを星型ほしがたけています。くき黄緑色きみどりいろで小さなたまご型でやわらかいです。地面じめんひらたくうようにくきばし、生長せいちょうしていきます。

アジア原産げんさんあきしてふゆし花を咲かせる越年草えつねんそうです。ハコベぞくはいろいろな種類しゅるいがありますが普通ふつう「コハコベ」「ミドリハコベ」と「イヌコハコベ」の 3しゅをハコベとんでいるようです。「コハコベ」と「ミドリハコベ」はふるくから日本にほんえていましたが「イヌハコベ」は明治時代めいじじだいに日本にやってきた帰化植物きかしょくぶつといわれています。また「ミドリハコベ」が日本古来にほんこらいの種といもわれていますが、まだはっきりかっていないようです。
ハコベがえるはたけ地力ちりょくたかはたけといわれています。ハコベが生えている畑は養分ようぶんもたくさんありつちやわらかいそうです。
ホトケノザ、オオイヌノフグリなども地力の高い畑に生えるそうです。
てんてん
てんてん

むかしはハコベの葉や茎としおぜて歯磨はみががわりに使つかっていたそうです。

花の咲く3~6月に葉や茎をり、水洗みずあら天日干てんぴぼしにしたものをこまかいこなにします。その粉に適量てきりょうしおぜたものを「ハコベ塩」とぶそうです。ハコベ塩をゆびけて歯茎はぐきをマッサージすることで歯茎からの出血しゅっけつ歯槽膿漏しそうのうろう予防よぼうもちいられてきたそうです。
ハコベ塩のつくりかたです。

しつもん いけん かんそう