いいね! (2 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

パンジー 毒素を種と根や茎に持つそうです。花は少しなら食べても大丈夫のようですが犬や猫が茎や根を食べると嘔吐、神経麻痺になることがあるそうです。

この記事は約4分で読めます。

学名がくめい:Viola × wittrockiana 和名わめい:サンシキスミレ(三色菫) 別名べつめい:人面草(じんめんそう) 遊蝶花(ゆうちょうか) 英語名えいごめい:Pansy 分類ぶんるい/科名かめい:スミレ科スミレ属
おおきさ:10~20cm よくかける場所ばしょにわ 花壇かだん 鉢植はちうえ よくかけるつき:12~4月
花言葉はなことば:ものおもい わたしを思って
ふゆからはるにかけてにわ花壇かだんになくてはならないはなです。おおきな花びらのなかくろっぽい模様もようはいるものなど、いろいろないろかたちがあります。さむさにつよゆきってもれることなくつづけます。

ヨーロッパ原産げんさんのスミレなどから品種改良ひんしゅかいりょうされた園芸用えんげいようの花です。原産地げんさんちでは毎年まいとし花を咲かせる多年草たねんそうです。日本にほんには江戸時代えどじだいわりごろにやってきて「三色菫さんしきすみれ」のしたしまれてきました。そのほかに花がひとかおているところから「人面草じんめんそう」やちょう姿すがたにも似ているところから「遊蝶花ゆうちょうか」ともばれていました。
日本ではなつあつさによわいためあきたねをまいてはるに花を咲かせる一年草いちねんそうとしてそだてられています。
最近さいきんは、さらに品種改良ひんしゅかいりょうすすみ8月頃がつごろたねをまいて10月頃から翌年よくねんの4月まで花を咲かせつづける品種ひんしゅもあります。

毎年まいとしたねからそだてています。なえはやおおきくなって年内ねんないに花が咲くようになってきました。

ご意見お問い合わせ