いいね! (3 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

メランポジウム 初夏から秋まで咲き続ける新顔の花です。

この記事は約3分で読めます。

学名:Melampodium divaricatum(M. paludosum) 別名:メランポジューム 英語名:Gold medallion flower Million gold 分類/科名:キク科 メランポジウム属
草丈:20~40cm よく見かける場所:庭  よく見かける時期:4~11月
花言葉:元気 あなたはかわいい 小さな親切
夏の花壇で明るい黄色の小さいヒマワリのような花をたくさん休みなく咲かせています。こんもりと茂った株になり花が咲き終わった上を覆うように新芽が出てくるので花がら摘みをしなくてもきれいに咲き続けます。
メキシコから中央アメリカが原産の一年草です。園芸種として栽培されているのは、「M・パルドスム」(M. paludosum)1種のみのようです。
属名の「Melampodium(メランポディーム)」はリンネが「メラン(黒い)」と「ポディウム(足)」と命名したそうです。種によって黒く太い直根があることからとされてます。
日本へは、園芸種として1990年頃にやってきたようです。
暑さに強く暑くなるにつれてぐんぐん大きくなり花期も長い花で初心者にも育てやすい花です。最近では、公園など多くの場所で見かけるようになってきました。
夏に楽しむためには春蒔きして育てます。育て方はこちらを参考にしてください。
てんてん
てんてん

このお花も害虫に強いそうですが夏はハダニに気をつけて。

WEB上では1990年に日本へ導入されたという投稿がありますが詳しい記述が見つかりません。現時点でサカタとタキイが苗や種を取り扱っています。
タキイでは新しい品種「ジャックポット」を販売しています。従来種のミリオンゴールドに比べて花の先が丸味を帯びて可愛らしさがアップしているそうです。