いいね! (4 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

リビングストンデージー 有名な探検家の名前がついた南アフリカ原産の花です。

この記事は約3分で読めます。

学名:Dorotheanthus bellidiformis 和名:サボテンギク 別名:ドロセアンサス・ヘラマツバギク・紅玻璃(ベニハリ) 英語名: Livingstone daisy 分類/科名:ハマミズナ科クレレツム属(ドロセアンサス属)
草丈:10~20cm よく見かける場所:花壇  よく見かける時期:4~5月
花言葉:瞳の輝き 気前よく与える 華やかさ

名前にスコットランドの探検家リヴィングストンの名前が使われています。
リヴィングストンは宣教師、医師でした。ヨーロッパ人で初めて、当時「暗黒大陸」と呼ばれていたアフリカ大陸を横断しました。また、現地の状況を詳細に報告し、アフリカでの奴隷解放へ向けて尽力した人物です。ヴィクトリア滝を名づけました。

ご意見お問い合わせ