いいね! (2 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

コノシロセンダングサ 帰化植物で日本中でみることができます。食材にも使えるそうです。

この記事は約3分で読めます。

学名:Bidens pilosa var. minor 漢字名:小白の栴檀草 別名:シロバナセンダングサ  シロノセンダングサ 英語名:Spindle tree 分類/科名:キク科センダングサ属
草丈:50 ~100cm よく見かける場所:道ばた  よく見かける時期:9〜11月

道ばたにコセンダングサによく似た葉の茎先に花をつけます。コセンダングサは花びらがほとんどありませんが本種は白い花びらが目立ちます。


熱帯アメリカ原産の一年草です。帰化植物として日本には江戸幕末に渡来したそうです。近年、暖地を中心に急に多くなってきているそうです。
コセンダングサの仲間ですので種子は「ひっつきむし」になります。

今回は沖縄本島の道ばたで見つけました。
帰化植物として国立環境研究所の侵入生物データベース に掲載されています。

 

てんてん
てんてん

葉や花に薬効があると言われて食材としても使われています。

ご感想など