いいね! (3 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

ツルニチニチソウ 一年中観賞できる植物です。

この記事は約2分で読めます。

学名:Vinca major 漢字名:蔓日々草 別名:ツルギキョウ 分類/科名:キョウチクトウ科 ツルニチニチソウ属(ビンカ属)
草丈: つる性 よく見かける場所:庭 花壇 公園  よく見かける時期:3~6月
花言葉:楽しき思い出 幼なじみ
本来は春から夏にかけて青い花を咲かせます。花は一重で五弁です。つる性で葉に白い斑のあるものもあります。
南ヨーロッパ原産のつる性の多年草です。花の形がニチニチソウに似ているのでこの名前がついたようですがニチニチソウはキョウチクトウ科ニチニチソウ属の一年草です。
茎が地面や石垣などを這い節から根を出し広がって増えます。そのためグランドカバーとして公園などに植栽されています。

耐寒性は、やや強い(耐寒温度 マイナス5度)ので今回のように冬場に花を咲かせていたようです。

斑入り品種は花つきがあまりよくないそうです。
ご意見お問い合わせ