いいね! (2 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

ナンテン 南天のど飴(なんてんのどあめ)で有名(ゆうめい)です。

この記事は約4分で読めます。

学名がくめいNandina domestica 漢字名かんじめい:南天 英語名えいごめい:Nandina  Heavenly bamboo 分類ぶんるい/科名かめい:メギ科ナンテン属
おおきさ:1~3cm よくかける場所ばしょ市民しみんもり にわ  をよくかけるつき: 11月~2月
花言葉はなことば家庭かてい
庭先にわさき市民しみんもりなどであきのおわりからふゆあかをつけます。

また、葉は紅葉こうようしてきれいです。うす黄色きいろっぽい実をつける種類しゅるいもあります。

中国原産ちゅうごくげんさんのいつもをつけている常緑じょうりょく植物しょくぶつです。くきがかたいのでのようですがくさ仲間なかまだそうです。
和名わめいの南天は中国名ちゅうごくめい漢名かんめい)の南天竹あるいは南天燭が「南天」になったそうです。
ナンテンという名前なまえが「難転なんてんなんてんずる」とおなじため、縁起えんぎい木としてふるくから庭木にわきとしてしたしまれ日本にほんでも古くから栽培さいばいされています。日本にもともとえていたかどうか、よくわかっていないようですが東海地方とうかいちほうより西にしから中国大陸ちゅうごくたいりくにかけてひろえています。初夏しょかからなつにかけて白色しろいろの花をつけます。
にわのナンテンの実をとりはこんで野山のやまや庭に自然しぜんにもえます。そのためにわでは全国各地ぜんこくかくち野山のやまなどでも普通ふつうかけられます。
ヒイラギナンテンは同じメギ科の仲間です。
くきくすり効果こうかがあるので漢方薬かんぽうやく咳止せきどめに使つかわれます。
南天なんてんのどあめ原料げんりょう南天実なんてんじつといわれる部分ぶぶん乾燥かんそうさせたものになるそうです。
ナンテンのにはナンジニンという成分せいぶんふくまれていてお赤飯の上に葉をいてあついうちにふたをすれば、ねつ水分すいぶん解毒作用げどくさようのあるチアン水素すいそという物質ぶっしつがほんのすこしですが発生はっせいし、くさりにくくするということがわかっているそうです。

しつもん いけん かんそう